07 11月次代に残すべき家と家守りのために。

みんな簡単に「いい家」という。

いったい「いい家」とは何なのか?

簡単に答えはでないだろう。

なぜなら人間が考える「いい家」とは人によって千差万別であるからだ。

物質的・精神的・社会的・身体的・経済的という異なった観点から

大量の「いい家」の定義が溢れだす。

「いい家」の定義が仮に100、200あろうとも、

私たちは臆することなく

私たちの「いい家」の定義を熱く語り続けるんだ。

そして「それ」が届いたのあれば、

とるべき行動は難しくない。

ただし、その行動の立振る舞いはプロフェッショナルであれ

私たちは、必要な専門知識をもち、

言った事・納期・予算を守りながら最大限の努力、

そして「結果」をだす

高い価値観と理念を実践し必ず顧客を満足させるのだ。

そう、まずはプロフェッショナルに近づこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です